女性の転職には客観的な視野が必要

学ぶ姿勢の大切さ

人生は学びの連続であり、学びは人を成長させます

サイトについて

看護師として働く私が考える「学び」とは、社会人として働いている間はずっと続くものだと考えています。有資格者だからこそ、その資格を生かす為にも日々学ぶ姿勢が重要だと考えます。学びは決して苦しいものではなく、楽しめる事ですよ。当サイトの問い合わせ先はこちら:【mailform】

成長できないと考えるなら転職を

現在の仕事では学びを得る事ができず、向上心が保てなかったり満足いく収入が得られなかったりする場合は、転職を考えるのもひとつの方法です。転職によるメリットは、自分の人生の幅や視野を広げられる事です。同じ仕事を長い間続けていると、どうしても視野は狭くなりマンネリ化してきます。仕事から受ける刺激も少なくなり、自分は退屈な人生を過ごしていると思うようになったら要注意です。こうなるとどんどん悪循環となってしまいますので注意が必要です。
この悪循環を解消するにはさまざまな方法がありますが、もっとも効果的な方法は転職する事です。環境が変わると全てが新鮮に感じられます。仕事や関わる人も新しくなり、毎日が刺激的となり人生が活発になります。新たに仕事を覚えるのは簡単ではありませんが、それすらも楽しめると見違えるほどワクワクした気持ちになれるでしょう。転職したからといって収入が良くなったり、この先安定するという保証はありませんが、そういったリスクを考慮しても自分が成長できる仕事を選ぶ決断をした方が良いと思います。

女性が年収を上げる為には

転職によって年収の増加を考えたい女性は、現在自分が持つ真の実力がどのくらいあるかを客観視してみる必要があります。自分と同じ世代や業種、経験値がどのくらいになるといくら年収がもらえるのかリサーチする必要もあります。その後で、自分の持つ経験値や技能がどれだけ転職先で役立てる事ができるか考えてみましょう。わかりやすく説明すると、例えば営業職に就くなら新規開拓の際にどんなアプローチができるか、どういう方法で顧客をバックアップして信頼を得たか、トラブルが起きた際はどう対応できるか等をとりまとめ、転職先に自分がいかなる貢献ができるかピックアップしておきましょう。

給与交渉を円滑に進める為には

自分がどれだけ転職先で活躍できるかまとめたら、それに見合う希望年収をあらかじめ設定します。交渉の際は初めに経験や技能、貢献度を現実的に伝えます。その後で希望年収とその裏付けを伝えると良いでしょう。その時に相手側がどんな人材を期待しているかを掘り下げられるとなお良いです。男性でも女性でも転職で収入アップを目標にするのは同じですが、女性は結婚や妊娠、出産等で状況が変化しますので、その変化の中にいてもどのように職務経歴を積み重ねていけるかがカギとなります。男性もライフスタイルによって変化しますが、育児は女性の役割になる事が多くなりますので、雇い側の企業とすると中途退社のリスクを背負う事になります。ですので、男性よりも女性の転職の方が不利となりやすい分だけ実績や技量等を自分で客観視して、どのくらい転職先に貢献できるかしっかりと考え年収アップの交渉をしていきましょう。

ページトップ

学ぶ姿勢の大切さ

Copyright © 2016 学ぶ姿勢の大切さ All Rights Reserved.