女性らしく積極的にコミュニケーションをとろう

学ぶ姿勢の大切さ

人生は学びの連続であり、学びは人を成長させます

サイトについて

看護師として働く私が考える「学び」とは、社会人として働いている間はずっと続くものだと考えています。有資格者だからこそ、その資格を生かす為にも日々学ぶ姿勢が重要だと考えます。学びは決して苦しいものではなく、楽しめる事ですよ。当サイトの問い合わせ先はこちら:【mailform】

慣れるまでは積極的なコミュニケーションを

慣れるまでは積極的なコミュニケーションを

上を目指して転職しよう

新しい職場に馴染む為には

転職によって新しい職場でスタートをする時は、周りの人とうまくやっていけるかと不安になりがちです。新しい環境に馴染むまでは、個人差はあっても多少の時間が必要となります。しかし、焦る必要はありません。自分らしく仕事を進めていき、周りとのコミュニケーションを図る努力をしましょう。それでも早く職場に馴染んでいきたいと考えるなら、その為の努力を惜しんではいけません。早く自分らしく新しい職場で活躍したいと考えるなら、次に挙げる2つの行動を心がけてみましょう。

名前を早く覚えて話しかける

新たな職場は仕事上のルールも新しくなります。電話やファックスの使い方から文具や消耗品の使い方等、細かいものを含めるとさまざまなルールがあります。そのルールをすぐに覚えるのは難しいので、毎日何かについて聞かなければならないはずです。ですので、職場の人の名前はすぐに覚えるようにしましょう。わからない事があっても「ちょっと良いですか?」より、「○○さん、教えてもらえますか?」の方が印象が良いですし、相手も自分の名前を早くに覚えてくれるはずです。また、出社時や退社時の挨拶も名前をつけて挨拶する事で、より親近感のある挨拶ができます。
かといって、早く名前を覚えようとしてやたら名前を連呼したり、間違った名前で呼んでしまうのは考えものです。声掛けも焦らず、名前がわからない人は素直に謝り名前を聞いて覚えるようにしましょう。

積極的に集まりやランチに参加する

中には人との付き合いが苦手な人もいますし、飲み会といってもお酒を飲まない人もいるでしょう。ですが、最初の1~3ヶ月は積極的に飲み会やランチに参加する事をお勧めします。特に最初は職場の人も気を遣ってくれ、ランチに誘ってくれる事も多いと思います。その時はぜひ誘いを受けて下さい。ある程度時間が経つと誘われる機会も減ってきますが、そんな時は自分から誘ってみましょう。毎日ランチを外食にするのは金銭的に大変な人は、お弁当を持ってくる人と一緒に食べる事もできますし、外食する人に今日は一緒にお弁当を食べようと誘ってみるのも悪くありません。また、仕事帰りに飲み会に誘われる時も、たとえお酒が飲めなくても誘いにのりましょう。これも仕事のひとつと割り切って考える事も必要です。
入社したての頃のランチや飲み会は、上司や同僚とコミュニケーションを取れる絶好の場です。仕事やプライベートの話を交え、上司や同僚の考え方や性格を知ってうまく付き合っていく方法を探す事ができます。相手と話す時は2対1の割合で、相手の話を2聞きましょう。楽しくなってしまい、つい自分の話ばかりしてしまうと敬遠されてしまう原因となりますので、慣れるまでは相手を主役にした話をするように心がけましょう。同じ職場で働く人たちの「人となり」を知り人間関係を良好にできれば、その分早くに職場に慣れる事もできますし、仕事がしやすくもなります。
ただし、職場によっては中途採用の人に気遣いをしないところもあります。そのような場合は、直属の上司を自分から誘ってみましょう。上司なら嫌な顔をせずに付き合ってくれるはずです。その他、声をかけやすい相手を誘ってみると良いでしょう。声をかけられるのをいつまでも待っていると、話しづらい人と誤解されてしまう事もあります。自分から積極的に声をかけるように努力してみましょう。

ページトップ

学ぶ姿勢の大切さ

Copyright © 2016 学ぶ姿勢の大切さ All Rights Reserved.